会社概要フルーツJ(フルーツジャパン)とは店舗案内商品情報通販サイトよくあるご質問ブログ
おかやま桃子ペシュ・レザンおかやま桃子吟果膳ファーム・ジェイ

フルーツJ(フルーツジャパン)とは

ホーム > フルーツJとは > こだわり

フルーツJ(フルーツジャパン)とは
  • フルーツJとは
  • こだわり
  • 安心と安全

こだわり

清水白桃生産農家



国安武彦のこだわり

有機の肥料を使用した「ムクダイ農法」で桃の栽培を行っている国安氏。
”農家により栽培条件は違う、作り方もそれぞれあるが自分が一番という気持ちでやっている。”
”これをやれば必ずおいしいものができる取った特殊技術などは特にない。おいしいものを作るためには一つ一つの積みかさね。丁寧に決まった事をやっていくこれだけ。”
農家の宿命「天候」と日々戦いながらこだわりの桃を育てています。
国安武彦さん
政田悦廣さん

ニューピオーネ生産農家



政田悦廣のこだわり

政田農園のニュー・ピオーネの評価は非常に高いものがあります。
その理由は、昼夜温の差が生み出す、糖と酸の絶妙なバランスと色つきの良さから生まれています。
果実は昼夜温の差が生み出す芸術と言っても過言ではありませんし、それが適地と言えるのです。
政田農園のぶどうは本当に適地の中で、必然的に栽培されたものです。
職人がこだわってつくった芸術品をお届けします。

マスカット生産農家



丹原一太のこだわり

”一房それぞれに個性がある”と語るマスカット生産農家の丹原一太氏。
” 高い糖度にするためにはよい肥料が必要、しかし肥料だけでの問題でもない。たくさん肥料をやっていると粒は大きくなる、しかし粒だけ大きくすると成熟期になると粒が柔らかくなって死んでくる。人間と同じように食べ過ぎたらだめ。
いろんな事を考えながらバランスよく育てる事が大事。”
長い栽培経験を生かしいろいろな条件を考えながら高い水準のぶどうを作っています。
丹原一太さん
石原明さん

桃太郎ぶどう生産農家



石原明のこだわり

”毎年いい房をならしたい”と語る石原氏。安定した味、糖度を保つためには努力を惜しみません。
”きれいな格好のいいぶどうを作るために一房一房、丁寧に仕事する。”
あまり多くを語らない石原氏は根っからの職人。気の遠くなるような作業を難なくこなしています。彼の手や背中からはひしひしを栽培に対する情熱が伝わってきます。
岡山でも限られた人間しか栽培を許されていない桃太郎ぶどう。
最高の技が作り出すぶどうをお届けします。

コールマン生産農家



丹原一太のこだわり

”日々変化するぶどうをよく観察し、その時その時の状況に応じた対応をしてやる。ぶどうは形を変えながら育つ、丸くなったり、長くなった利子ながら大きくなる。
形を整えながらそだててやる。丁寧にやってやる事が大事”
丹原氏の作り上げるぶどうは一つ一つ愛情を持って育ててやる事で出来上がった果物は芸術品のレベル。
豊かな味わいのある、形も美しいぶどうを作っています。
丹原一太さん
三宅信弘さん

桃太郎トマト生産農家



三宅信弘のこだわり

”人の話をいかに栽培に取り込めるかが重要”と語る桃太郎トマト生産農家の三宅さん。人から得たヒントを採用し周りから意味がないと言われてもやってきた事によって年々もっとおいしいものができてきている。

”個人だからこだわってできる事が多い、いかに量産するかではなく味にこだわって、肥料をかえたり方法を研究したりしている。”
人と同じように大切に接してやる事でやさしさのいっぱい詰まったトマトを育てています。

足守メロン生産農家



足守メロン生産者のこだわり

数ある果物の中でも最高級の気品を持つメロン。岡山市足守地区の職人達によってつくられるメロンは口に含むととろけるような甘さがあります。
丁寧に丁寧に一つ一つを育て。温度、肥料等の管理を徹底して行わなければここまでのあまさ、香りを出すことはできません。
適度にストレスを与える事により美しいネットを作りだし、またメロン独特の香りを与える作業はまさに職人が作りだす、水と光の芸術品と言えるでしょう。
足守メロン

page top

Copyright (c)2007 Okayama Prefecture vegetables and fruits sales Ltd All Rights Reserved.